http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
勝利の女神は笑顔がお好きなようで


高木菜那選手、スピードスケート女子マススタート「初代女王」に。

すげえなあ。世界中探しても現時点で女子マススタートのオリンピック金メダリストは高木菜那選手ただ1人しかいないんだよ。こんな誇らしいことあります?

競技中、隊列をなしてる中の高木菜那選手は、他の国のごっつい体つきの選手に比べたら、大人の中に1人だけ中学生の選手が混ざってんじゃねえかぐらいどうみても小柄だし、ゴール後のガッツポーズみても手足の長さで損してそうなのに、

同じく金メダルを獲得したパシュートの「前の選手につかず離れず」の技量が活きたのかな。他の選手が残り4周あたりからじれて動き出す中、ずっと2番手で風をよけつつ待機して、最終周までしっかり足を溜めてたんだなあ。

勝利者インタビューでは、カメラを鏡に見立てて前髪を直したりする茶目っ気を出したりして、スポーツ界にまた新たなヒロインが生まれた気がしました。



カーリング女子の3位決定戦、瞬間最高視聴率42.3%だって。

第10エンド、後攻イギリスのラストストーン、狙い通りにいけば2点獲得で日本が負けてしまう場面で、

「いや…ナンバーワンは…日本だぁぁぁ!!」

実況のアナウンサーの叫びも良かったなあ。おいら以外にもあの瞬間泣いたひと全国に100万人ぐらいいるでしょ(笑)



真剣勝負だから怖い顔になる各国の選手がほとんどの中、カーリング女子だけはずっと笑顔を絶やさないように試合をしてた。ネットでは心ないひとが「真剣さが足りない」みたいな言い方をしていたけど、

世界の大舞台で笑顔を絶やさないように試合ができる境地に達してるって凄くない?

そして、やっぱり笑顔で愛嬌があると、競技そのものも楽しそうに見えるし、興味も持ってもらえるし、スポンサーもつきやすくなるよね。今回リザーブの本橋麻里選手、2006年のトリノ五輪のときから変顔とかをやってたけど、競技知名度の低さや競技人口の少なさ、とっつきにくさを払拭するためなんじゃないかなと思ってる。

だって視聴率42.3%だぜ。みんな紅白歌合戦なみにカーリング女子が気になってたし、そんだけみんなあの笑顔に惹かれるものがあって、応援したくなってたんだろうし。

そりゃー人気出ちゃうよ(笑)

次の冬季五輪も応援するからね。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | TV | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    元気をもらった
    女子パシュート。8年前のバンクーバー五輪から「ちょう面白えじゃんこれ!!」と見始めた競技。

    アメリカが、準決勝の対オランダ戦を(銅メダルを賭けた3位決定戦に備えて)流したときは、ああこれ準決勝でカナダとまともにやりあった日本が不利になるじゃん…と不安になったんだけど、その日本の準決勝の相手カナダも流した。

    これはスポーツマンシップに則っているのか? だったら「棄権」して準決勝パスして決勝やればいいんじゃないか? 来てる各国の観客の皆さんは、お金を払ってこんな「流される準決勝」を観たかったわけじゃないだろう、もっといえば放送権を時間いくらで買ってる各国の放送局とかついてるスポンサーに対してもとても失礼じゃないかと思ったんだけど。

    思ったんだけど!!

    ここまでオリンピックに対して積もった不満とかイライラとかを全て浄化する、全てを洗い流す、全てを癒す、



    女子パシュートの本当にお見事としか言いようがない、素晴らしい勝ちっぷりでの金メダル!!

    他のどの国よりも、本当に3人のつかず離れずの距離の近さと、腕の振りまで一糸乱れぬ美しいシンクロぶり。

    言いながら…オランダに0.5秒差リードされたときは「ああああああ」と悲鳴のような声が出ましたけど(笑)

    42歳のおっさんが、生まれて初めてテレビに向かってそこそこの声出して「いけえええええ」言って応援しましたけど(笑)

    いやー、泣いた泣いた。ほんとに。気持ちいい感動の涙よ。

    8年前のオリンピックハイライトで流れた、高木美帆選手に掛けられた幻の3つの銀メダルが、現実の、しかも金メダルに。

    そして今回は決勝控えの菊地彩花選手も準決勝を走っていたので、4人全員で金メダル!!

    普段ほんとにスポーツなんて野球もサッカーも観ないひとなんだけど、冬季五輪だけ別格。

    サイコーでした。我がことのように幸せな気持ちになりました。
      
    0
      | 水無瀬ナルウ | TV | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
      メダルラッシュメダルラッシュメダルラッシュ!!
      8年前のバンクーバーで、女子団体パシュートの控え選手だった高木美帆選手が女子1500mで銀メダル、1000mで銅メダル。



      3つの銀メダルを高木選手にかけてあげてたシーンが本当にもう号泣もので、「ねえスポーツ嫌いのおいらが次に高木選手を観るのは、次のオリンピックなのか、ジャンクSPORTSなのか」なんて書いたけども、

      あのとき、銀メダルを「かけてあげたほう」の小平奈緒選手と、女子スケートで日本初のダブル表彰台!!

      42歳のおっさんの涙腺をぶっこわすのに充分な、8年越しのストーリーでありました。



      カーリング女子もサイコーに面白い。予選リーグの対韓国戦、完全アウェーの中で終始笑顔、ときおり大爆笑の日本チーム。NHKの五輪特設サイトには「作戦会議の女子会に参加した気分が味わえる」なんて見出しがついてたんだけども、観てるこっちもだんだんルールと狙いどころがわかってきて、実況と解説の方の的確な説明もあいまって、投げられたストーンの行方に気持ちが入っちゃいました。

      始まる前からいろいろ、ポスターの地図のことやら統一旗の島のことやら、そんなにあからさまに日本に嫌がらせするんなら(選手団や応援で渡航する皆さんの安全を考えて)ボイコットすればいいのにとも思ってたけど、

      このメダルラッシュぶり(記事公開時点で7個)を見る限り、競技はフェアに行われているようでひと安心。
        
      0
        | 水無瀬ナルウ | TV | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
        伝説の喋り手が帰ってきた
        「ぴったんこカン・カン」の古舘伊知郎ですよ。バラエティー番組復帰第1戦。

        あのねえ…古舘伊知郎めっちゃ好きだったの。あの超絶テンポのマシンガントークが。

        だってSASUKEだってスポーツマンNo.1決定戦だって、古舘の実況つけるだけで余裕で泣けるもの。初田啓介アナではそこまで泣けないもの(笑)

        古舘伊知郎は間違いなく「TVを面白くしてくれる人」だし、「バラエティーでこそ活きる人」だと思ってたので、テレ朝で報道ステーション始めるよ、バラエティー出なくなるよっていうのは本当に衝撃的だったし、寂しかった。



        その古舘伊知郎が安住アナと喋ってるっていうね。

        「ぴったんこカン・カン」自体、TBSが安住紳一郎を「第2の久米 宏」として売り出したかった番組で、安住アナはまんまと人気者になっちゃったけども、いまこうやってメインMCを局のアナウンサーがピンでやる番組ほとんどないもんなあ。タレントがメインで、横にアシスタントがついて、MC席に2人以上いるのが当たり前で。

        喋りのプロ同士の新旧真っ向勝負。こういう番組が観たかったの!!



        おいらが大学卒業した次の年ぐらいに、広島でもやってたフジの深夜番組「第4学区」ってのがあってね。古舘伊知郎と石橋貴明がただずーっと喋ってるだけの番組だったんだけど、それがめっちゃ面白くて大好きで毎週録画してたんだけど、テレビ新広島がわりとすぐネット切っちゃったので、広島では6回分ぐらいしか放送されなかったそれを、VHSで録画したやつを死ぬほど観てたの。

        あれが17年前。

        1年半前に、復活トーキングブルースが地上波で一部放送されたのを観て、報ステやっても「古舘節」が錆びついてなかったことは知ってたけども、

        衝撃だったわ。60歳過ぎてこのテンポで喋れるって。そんで聴いてて不快じゃないって。



        たぶん、偏向報道だ何だと批判されてたのも知りながら、報ステで堅っ苦しそうに言葉を選んで原稿読んでた古舘さんよりも、バラエティーで水を得た魚のように笑顔で嬉しそうに喋ってる古舘さんを観たい視聴者のほうが圧倒的に多いと思うのさ。おいらを含めて。

        ごちゃごちゃしたひな壇バラエティーのMCじゃなくて、ぜひともシンプルなトーク番組やってくんないかなあ。

        安住アナとずーっと喋るだけの番組でもいいよ(笑)

        なんかめっちゃ嬉しかったなあ。TV観て久々に唸っちゃったよ。
          
        0
          | 水無瀬ナルウ | TV | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
          NHKのNEWS WEBにて
          2012年4月5日のトップツイートを獲得した広島の水無瀬ナルウさん、



          全く同じツイートで再びトップツイートを獲得しました(笑)



          ツイート選んでる人が実はずーっと一緒だったらどうしよう。



          まあ、だからどうした、っていう遊びでした。

            
          0
            | 水無瀬ナルウ | TV | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
            アクセスログのキーワード
            長きにわたって放置されてたこのブログの直近のアクセスログ(8月1日〜)をみると、

            「トリモチプール」
            「トリモチまみれ」
            「トリモチフェチ」

            なるワードが数件見受けられるね。



            これだろ。たぶん。8月4日OAの「うわっダマされた大賞2014」。



            番組では「クイーン」と称される鈴木奈々。





            鈴木奈々が雑に扱われてると妙にスカッとするよね(笑)



            リアクションが良すぎて「かわいそう」な感じが全くしないのが凄い。



            鈴木奈々、最初ほんっとにウザかったんだけど、「逃走中」でちゃんと世界観とか設定とか守って発言したり、わりとどんな仕事でもあんまり怒ったり嫌がったりしないし、妙に憎めないとこあるのよな。

            アリかナシかで言ったらナシだけど(笑)
              
            0
              | 水無瀬ナルウ | TV | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
              本物のシンデレラ誕生の瞬間
              正直、AKB総選挙なんて「バカな大人たちが金使ってくだらないことやってる」程度の認識だし、徳光・宮根クラスのフリーアナ使って4時間も特番組んでさも真面目な選挙速報のようにやってるのほんと嫌だから、録画もしてなけりゃ上位数名の発表シーン以外ほとんど観てないんだけど。



              やりよったよ大分の星!!

              1位大島優子、2位渡辺麻友は絶対に揺るがないと思ってたのでまあ、ゆーても3位まであるかな程度の予想を昨日、床屋のおねーちゃんとしたばっかりだったのに(笑)

              「史上最大のアイドル残酷ショー」のエンディングがたった1人の力で笑いに変わった瞬間。

              指原莉乃、もっと各局引く手あまたで構わないと思うぞおいらは。ただしバラエティーでお願い。
                
              0
                | 水無瀬ナルウ | TV | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
                瞬間芸の笑いは好きではないけれど
                15秒で一芸を披露し、笑いの声量で勝ち負けを決める「マバタキー」特番第2回。

                もうねレッドカーペットとかイロモネアみたいな瞬間的な笑いは飽きたんですよ正直。もっといや制限時間4分やそこらで漫才とかピン芸のチャンピオンを決めるアレとか、日本のTVって他にやることねえのかって思うくらい。



                1分で笑い取るより、15分とか30分持つ笑いを演るほうがはるかに難しいのに。

                …と思ってたので特番1回めはスルーしてる。ただこれ何だろう。瞬間芸のお笑いサバイバルにありがちな「殺伐感」があんまりないのよね。



                この猫の目のセットと、終始脱力系の「でゅうぃでゅうぃでぃ〜♪」ってBGMと「まばたき禁止だにゃー」とか言うヌルめのナレーション。どうやら15秒もそんなに厳密なカウントでもないみたいだし。

                スタジオゲストもべつに「審査員」ってわけでもなく、松木安太郎、相武紗季、安田美沙子、滝沢秀明、あびる 優、河北麻友子とかだもんな。メンバー的にあまり毒にも薬にもならない感じ。

                正直、TVが制約だらけになって、視聴者があらゆるコンテンツに飽きてしまった今、やってることはすんーごい原始的なお笑いゴングショーなのに「わりと観てられる」ってのちょっと感心してしまうのよね。



                まあでも、おいら的には優勝カトパン、準優勝壇蜜だけどね(笑)
                  
                0
                  | 水無瀬ナルウ | TV | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  紅白2012


                  今年の紅白は面白い。ずっと観てられる。
                    
                  0
                    | 水無瀬ナルウ | TV | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    NOTTVモニター終了しました
                    モニター終了時に、端末に入っているmicroSDHCカードは抜いて好きに使っていいってことで、どうやら16GBのmicroSDHCカードが入っているらしいと他のサイトで見て知ってたんだけど、4GBのが入ってました(泣)

                    2週間すげー真面目にモニターして、番組に貢献したと思うんだけどなーおいら(笑)

                    結果から言うと、現時点ではまだ「NOTTVのために対応端末を買う」「NOTTVのために月額使用料420円を払う」には至らないってのが正直な感想。

                    理由は単純に、コンテンツが出揃ってないことと、視聴環境が全く整備されてないこと。

                    現状のNOTTVは何をやっているかというと、

                    1. 生放送を含むオリジナル番組の配信
                    2. BS・CS・海外番組の再配信
                    3. 24時間ニュースチャンネル(TBSニュースバード)のサイマル配信

                    まあ、2と3については圧倒的にご家庭のテレビで観られる人のほうが多いし、移動中以外であえて携帯端末で観る必要があまりないと思うんだ。でおいらはとにかく「生放送」が好きなので、モニター中積極的に観ていたのは生放送の番組。

                    そのうち、平日メインの生番組は、

                    「notty★LIVE7時間!」(10:00〜17:00)
                    「AKB48のあんた誰?」(17:00〜18:00)
                    「ソーシャル@トーク#エンダン」(24:15〜25:00)

                    まず、AKBの微妙にマイナーなメンバーがやってた地上波のCMでちょっと興味持ったひとも少なからずいたであろう「AKB48のあんた誰?」なんだけども、秋葉原駅前のAKB48カフェに抽選で入れたファンの人達が観られるミニイベントの生中継って感じで、出演メンバーは毎日違うものの、企画・構成はほぼ毎日同じでツイッター連動もなし。推しメンが出てなければおそらく3日観たらもういいかなって感じ。

                    「ソーシャル@トーク#エンダン」は、ツイッター連動がえらく上手いこといってるなーと思ったらこれUstreamで同時配信されてるのね(笑) つまりPCでも、NOTTV非対応のスマホでも観られるってこと。だったらUstreamの番組でいいんだよやっぱりね。どうやら番組向けのツイートもほとんどUstreamの視聴者みたいだったし。

                    生放送が好きなおいらのお気に入り番組は「notty★LIVE7時間!」だったんだけども、これがまたとんでもない番組だったの。



                    出演者がわりと豪華。地上波レベル。曜日替わりで磯山さやか、加藤夏希、赤井沙希、レポーターで松嶋初音ほか。

                    「7時間の生放送!」と銘打っているわりに、午前中の2時間はまるまる前日までのロケの再放送だったり、箱番組の垂れ流し。スタジオセットは昼の12時からスタートで、13時台もフジテレビのニュース番組再配信と箱番組、16時台もまるまる音楽クリップ番組。つまりロケ部分も含めて生放送パートは約3時間程度。日によってはロケ部分も前日までの再放送が流れる場合もある。

                    雰囲気としては、情報を外ロケに特化した「王様のブランチ」みたいな感じかなあ。

                    ロケ先を発表して、ロケ先のオススメ情報を随時ツイッターで募集しているけども、全く投稿がない(笑) さらに、投稿してもなかなかロケ内容には反映されないっていうね。現時点では「貴方の投稿でロケ先がリアルタイムに変化するかもしれませんよー!」とは言うものの、たぶん投稿が来ないことを前提にみっちりロケ予定組んでるこれ。

                    ツイート投稿する視聴者がいないせいで当然ツイッター連動が機能してない。7時間ずーっと募集してるのに、紹介されるツイートは日に3本くらい、しかも番組に対する小さなツッコミとか。



                    だから地上波の番組の感覚で何度も投稿すると、見慣れたおいらの黄色いアイコンが並んじゃうっていうね(笑) 投稿するほうも多少遠慮するもの。

                    メッセージ少なくても頻繁に拾えばいいのに、と思って多少拾われるようなメッセージを送るし、行ったことない東京のロケ地でも、調べてオススメスポット送ったりもしたんだよ。番組側が投稿者に「拾われる嬉しさ」を提供してあげないと、投稿する側のモチベーションも上がらないからね。

                    だからいまこの番組をだらっと観てる人は、タレントさんに直接メッセージ送れるチャンスだからね。



                    ただ、「やる気はあるんだなこの番組」って思ったのは、先週の木曜日までの放送の意見として、ツイッターの番組公式アカウントに「ツイッターもっと盛り上げて、放送中も画面の下に表示させたり、ほんとにその場でロケ先1つ追加したりできるようになれば楽しいと思います」というメッセージを差し上げたら、



                    月曜日にはそれまでスタジオのモニターに表示していたツイートが、画面下に表示されるようになってた。ロケ先こそ変えさせるには至らなかったけども、スタジオから頻繁にロケ先に呼びかけて質問に答えてくれたり、たまたまスタジオにいた佐久間一行さん(2011年R-1ぐらんぷり優勝者)に向けてネタのリクエストしたら放送内でやってくれたからね(笑)

                    ただ、さんざん表示されたこの日のツイートは全部おいらのツイートなんだよね(笑) 大丈夫かマジで。

                    長時間の生放送をやる意味はあるし、ツイッター連動ももう少し放送エリアが広がって視聴者の絶対数が増えれば多少はマシになるんじゃないかと思うんだけど、生放送をこま切れにしてしまうような再放送パートや箱番組があると視聴者が途中で降りてしまうと思うので、放送時間をもっと凝縮してずっと生放送にするべきじゃないかと思うし、もっと情報を減らしてでもツイッターでメッセージくれる視聴者と絡んだほうがいいと思うなあ。

                    じゃあこれが果たしてNOTTV向けのコンテンツなのか、って言われるとね。

                    正直に言うと「地上波で観たい」(笑)

                    テレビでできることはテレビでやればいいし、PCでできることはPCですればいい。せっかく空いたアナログ放送波の帯域をもらって「こんなことしかできないのかよ」ってならないようにしてほしいもんです。

                    株式会社mmbi/NOTTV
                    http://www.nottv.jp/
                      
                    0
                      | 水無瀬ナルウ | TV | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      このページの先頭へ