http://blog.kei.pucchimoni.jp/
  http://nalueminase.jugem.jp/
保田 圭さんをひっそりと応援していた水無瀬ナルウのblogです。
(コメントspam・宣伝tbは一発退場です)
三井野大橋を徒歩で渡れた
トロッコ列車は、三井野大橋が一番よく見えるところで停車してくれる。



過去2回、木次線に乗ったときは2回とも雪景色(2010年2011年)だった。緑の中にある赤い橋を見るのは実は初めてだったのね。写真撮っといてよかった(笑)

終点の備後落合駅で降りてしまうと次の列車まで2時間半もあるので、ここはひとつ三井野原駅で降りて、三井野大橋を歩いて渡って、道の駅からコミュニティーバスで1つ前の出雲坂根駅に戻って「三段スイッチバックおかわりコース」で時間を潰そうかなと。



凄い。橋の上からおろちループが見えるけど、それよりも高さに足がすくむ。

下に交差する道路と100m以上の高低差があるらしい。

おいら自身、高所恐怖症ではないし、絶叫マシンで日本一の高さを誇るスチールドラゴン2000(地上97m)にも乗ってるし、高いとこは平気だと思ってた。

「一生に1度位はバンジージャンプやってみたい」と思ってたし、芸人さんたちがテレビでバンジージャンプさせられてても「リアクションでかいなー」「ほんとはすぐ飛べるんでしょ」とか思ってたけど、

撤回!! たぶんバンジージャンプ飛べねえおいら!! (笑)

その後、道の駅おろちループの店員さんに大分出身の方がいたり、大分出身で広島県呉の海上自衛隊にいたご夫婦の旅人などとお話できたり、けっこう楽しい出会いがありました。



出張旅行でしたが、遅めの夏休み感満載でいい気分転換になりました。
  
0
    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    トロッコ列車に乗ったよ


    席が取れなかったら普通に特急でも乗って帰ろうと思ったんだけど、取れちゃったのでね。



    日曜、祝日だけ出雲市駅から(金曜、土曜は木次駅から)出る、JR木次線の「奥出雲おろち号」という快速トロッコ列車に乗ってみました。

    当たり前だけど風通しがいい(笑)



    三江線もこういう名物列車的なものを作って、観光路線と割り切って乗ってもらえたら良かったのかなあ。こちらは地元の観光協会の方や、沿線のお店が車内販売や駅売りに協力して、奥出雲おろち号を盛り上げてる感じがすごくしたよ。



    乗客の1/3は鉄ちゃんと乗り物好き、2/3は熟年さん達のツアーって感じかなあ。

    木次線名物の三段スイッチバックも、地元の方が車内放送で丁寧に説明してくれるので、鉄ちゃんじゃなくても何が珍しいかはわかるだろうし、車内販売もたくさん乗ってくるし非常ににぎやか。トロッコでのんびりというよりは、移動パビリオンみたいなアトラクション的な列車でした。



    三江線と違ってこちらは廃線の噂もなく、ちゃんと盛り上がってる感じがある路線。
      
    0
      | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
      出雲に来たけど大社には行かないのです
      思いのほか早めに出雲に到着し、ホテルのチェックインを済ませてから、かつてのお知り合いの方にも会えて、1時間ほど施術をしていろいろお話をして、無事に出張の目的は果たした。

      土日連休の前日で、ホテルがけっこういい値段になってる中、ちょっとだけ早割的な値段設定のあった「ドーミーイン出雲」を予約して宿泊することにした。



      普段はリーズナブルなビジネスホテルがけっこう直前までシングルの部屋を絞ってて、仕方なくその時の値段でそこそこ安くて駅から近かったとこを選んだんだけども、

      ネットで調べてみたら「最強ビジネスホテル」とも言われてるんだね。どこ調べか知らないけど「ビジネスホテルなのに世界ベストホテルランキング第5位」とも書かれている。

      泊まってみれば、なるほど最強ビジネスホテル。

      ホテル内はくつろげる館内着&スリッパで移動OK、露天風呂もある天然温泉の大浴場が朝10時まで入り放題、風呂上がりの生ビール1杯無料サービス、小腹満たしの夜鳴きそば(激ウマの醤油ラーメン)無料サービス、朝食バイキングにその土地の名物料理が盛り込まれてるとか。

      こんなんビジネス利用でも充分旅気分になれるわー。ちょう当たりのとこ引いたよ。



      実はちょっと、施術後ちょっとだらだらとお話をしてしまったもんで、夕食に出雲そばの有名店行ったらそば粉が品切れで閉店しちゃってて、出雲そばにありつけなかったのよね。

      けど、朝食バイキングにちゃんと、出雲そばっぽい割子の器に入った冷たいそばと、あったかいそばも両方あって、宍道湖が近いからかしじみ汁もある。高級魚ののどぐろの干物とかも。朝からほんと、贅沢。おいらはアレルギーがあるので食べられなかったけど、鳥取も近いからかカニ飯もあったよ。

      ビジネス利用でも旅気分!! 素晴らしい。世界第5位納得!!



      チェックイン直後と、夜帰ってきてからと、チェックアウト直前、3回もお風呂入っちゃったよ。

      仕事でホテル探すときはドーミーインから探そう(笑)

      天然温泉 八雲の湯 ドーミーイン出雲
      http://www.hotespa.net/hotels/inn_izumo/
        
      0
        | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
        活気ある三江線なんて初めて
        三江線は過去に7回、全線乗車をしている。ブログを遡ると最後に乗ったのは5年前(2012年)の10月になってるけど、これは実は6回目で、その後ブログの記事にしなかったけど、3年前(2014年)の夏に7回目を乗ってる。



        3年前は、2013年の豪雨災害で不通になってたのが全線復活した直後で、地元で三江線をこれからも守っていくぞ、という決心とも取れる喜びの横断幕がかかっていたり、



        江津では「江津の噂」を書いたマンガの吹き出しみたいな形のバッジや店頭ステッカーで町おこしをしていたり、当時全国のJR路線の中で輸送密度が最下位だったことを巻き返したい、廃線だけは避けたい思いがひしひしと、かつ痛々しく伝わって来てたんだけども、



        残念ながら廃線が決まってしまって、石見川本駅にある三江線活性化協議会のキャラクター「石見みえ」ちゃん(鉄道むすめっぽいキャラだが非公式で無関係)にも「三江線引退まであと192日」という悲しいボードが。「廃線」じゃなくて「引退」にしてるのが逆に涙を誘うよ。



        しかも三次から江津まで、2両建てで運転してほぼ満席。ワンマン運転扱いなんだけど、車内で切符を販売する乗務員さんが乗ってた。こんなこと初めて。

        「最近ずっとこんな感じなんですよ、今日は少ないほうで、いつもぎゅうぎゅう詰めなんです」

        乗務員さんも車掌さんではないので気さくな感じで話しかけてくれる。

        さよなら乗車で満員御礼ってのも皮肉だなあ、と廃線のニュースの度に思うけど、仕方ないのかな。自分も「のんびりゆったり乗れて景色がいい路線」ってことで何度も乗ってたわけだし。

        ともあれ、長い間ほんとにおいらのすさんでたココロを癒やしてくれて、ありがとう。



        浅草キッドの玉ちゃん(玉袋筋太郎さん)がツイッターでよく画像上げてる、寿司を新幹線に持ち込んで酒を飲んでる姿にちょっと大人の憧れがあったので、江津から出雲に行く特急の車内で、石見川本のAコープで買ったお刺身の盛り合わせを頂いてみた。列車の中で鮮魚を食べられる贅沢。ちょっと罰当たりな幸せ。
          
        0
          | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
          10ヶ月ぶりに新幹線に乗った
          以前お世話になった方を治療しに行くという名目で、道中をちょっと遅めの夏休み気分にしようと出張旅行を計画してたの。

          思えば11月からずっと鍼灸院にいて、備品を揃えるぐらいにしかお金使ってないし、休日行くとこといえば図書館かゲーセンか郊外のショッピングモールぐらいだったので。

          行き先は島根県の出雲。コンビニで鬱々としていた時代に何度も青春18きっぷでお世話になった三江線も来年で廃止になっちゃうし、広島から三江線で北上するルートで行くことに。

          8月、9月の半ばまではそれこそ青春18きっぷで乗り回す鉄ちゃんできっとごった返すだろうし、10月には秋の乗り放題パスがあるので、その間の平日だったら大丈夫だろうと。治療を受ける方にも連絡して、9月22日(金)に決めた。





          昨年11月の友人の結婚式から、実に10ヶ月ぶりの新幹線乗車。

          つくづく田舎モンでね。新幹線に乗るなんて毎回イベントなんですよ。Facebookでお友達が、日々出張で当たり前に新幹線乗って東京、大阪とか、きっとそういう人は車内でのんびりしてない、ノーパソ広げて仕事してたりして大変なんだろうけど、羨ましい(笑)
            
          0
            | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
            見慣れていると思っていたけど
            山陽新幹線(JR西日本)の案内板と、



            東海道新幹線(JR東海)の案内板って、表示の仕様が全然違うんだなー。フォントも微妙に違う。



            そもそも東海道新幹線ののぞみの停車駅は東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪だし、編成も16両固定だから表示させなきゃいけない情報が少ないのかな。

            だいたい新幹線って乗ってもいっつも小倉から広島ぐらいまでだから、たまに新大阪より向こうに行くと本数の多さと人の多さにびっくりするな。
              
            0
              | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
              実際に乗った新幹線はさくらでした


              九州新幹線が一刻も早く通常運転に戻りますように。



              徳山で500 TYPE EVAを追い抜きます。



              新幹線に乗るたびにツイッターでも言ってるんだけど、「ハードロック工業」の広告が流れるとちょっと笑っちゃう。

              今日は新幹線のインフォメーション終わりで一発目から流れました(笑)

              ハードロック工業
              http://www.hardlock.co.jp/
                
              0
                | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                天空の駅宇都井
                何度も乗ってる三江線だけど、車内からしか眺めたことがなかった、あの宇都井駅。

                やっとそのホームに降り立てましたよ…



                クルマ持ってる友達が、ドライブがてら行きたいとこに連れてってくれるって言うのでね。

                廃線の噂が絶えない三江線。なくなっちゃう前に。



                ずどーん。のどかな風景に突如として出現するコンクリの要塞。

                堂々としたもんですよ。1日あたりの利用者数が1人を割り込んでる過疎駅なんだけど(笑)



                ホームの高さ地上20mは堂々の日本一。エレベーターもエスカレーターもない、ホームに上がる手段は116段もある階段のみ。



                いやーしかし絶景かな絶景かな。



                12月23日、天皇誕生日の祝日で青春18きっぷのシーズンだから、10人ぐらいこの駅の見物客がいてもいいと思ってたのに、おいらと友達しかいない。



                午前11時、神楽ラッピング仕様のキハ120、石見川本行が到着。

                さすが休日の青春18きっぷシーズン、車内は鉄ちゃんとおぼしき若い人でびっしり。立ち客が出るくらいの盛況ぶり。カメラを構えた方がいっぱいいたので、画角に入らないように一瞬だけ駅舎に姿を隠し、また遠ざかってゆく車両に手を振ってお見送り。車内から手を振り返してくれる人もいたよ。

                下車した客はゼロ。

                この駅、もっと観光資源にすべきなのになあ。

                時刻表上、江津から来ても三次から来ても、この駅で降りてしまうと次の列車まで途方に暮れるぐらいの時間が空いてしまう上に、近くに時間をつぶせそうな施設や店すらないので、現状まったく観光資源になれない状況。ホームに降りたかったり、外観を見たかったらクルマで来るしかない。



                バス停は一応あるけど、すごく短い運行区間で主に通学用のようだ。鉄道からの接続が考慮されてるわけでもないし、バスで来ても次のバスまで途方に暮れるぐらいの本数。しかもよくよく見ると休日運行が1本もない(笑)

                この便は石見川本まで行ったら100分近く停車して、また江津に向かうわけだから、だったらこの駅で10分くらい「撮影タイム」みたいな感じで停車してもいいんじゃないかとも思うんだよなあ。

                  
                0
                  | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  やっぱり地元なのかなあ
                  2年次の学費を祖父母が出してくれるということで、またお礼を言うため帰省。

                  ま、年末年始帰ってなかったしね。

                  そんでまあ、地元のお友達とまた再開して軽く酒宴。男3人。



                  おいら以外の2人は結婚もされて、ご家庭がある。



                  ずーっと喋ってたなあ。楽しかった。

                  やっぱり開業は地元なんだろうか。
                    
                  0
                    | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ビバGMT(地元)
                    祖父が学費を出してくれたことに直接お礼を言うべく、夏休みに帰れなかったこともあってこの時期にバイトを休んで帰省しました。金曜日の夜。

                    まず最初の新幹線のぞみ、週末の夕方なのに指定席の13号車がほぼおいらだけの貸し切り状態、という奇跡からスタート。

                    どうやら修学旅行的な団体様が降りたあとの車両を予約してしまったようだ。



                    白ソニックも久しぶり。元「かもめ」車両で革張りの自由席。乗り心地いい。カラーリングはソニックのほうに揃えたようだ。

                    実家ではただテレビ観て寝てる日々だが、地元の同級生であるTERU38(Answer×Answerのカード名)とスタバでコーヒー飲みながら語る時間が実現。

                    人生初スタバ。

                    「キャラメルフラペチーノのグランデ」言いたいだけで注文してやった。

                    「れいこーの小」は言わなかった(笑)



                    すこーし時間があったのでゲーセンも。久々クイズゲームなんぞ。携帯サイト解約しても装備やチームがまんま残ってて嬉しかった。2人ともウルトラクイズ世代、装備も効果音もウルトラ揃え、しかもウルトラハットの色が赤と青とかもうなんとなくニューヨーク決勝の様相。彼は全然現役のプレイヤーなのですんごい負け越したけど。

                    毎回言うけど彼が大分にいるおかげで安心して帰省できる。いつもありがとう。

                    家庭料理上げ膳据え膳状態、思う存分ごろごろして、普段観られないBSデジタルの番組も堪能して、ただただ実家でのんびりしただけの2泊3日。これぞ地元。これぞ帰省(笑)



                    もちろん、おいら的には地元の楽しみもさることながら、乗り物大好きなので移動も楽しみの1つ。

                    帰りの青ソニック空いていた時間だったので、自由席ながら元セミコンパートメントの仕切りが取り払われた中間席をゲット。

                    普通の座席ピッチはこんな感じ。

                    広々中間席こんな。

                    短足のおいらはフットレストに足が届かねえ(笑)

                    てか前の座席のテーブルが遠くて駅弁とか食うのちょう不便(笑)




                    運が悪いと席は広々でも窓のない席に当たる場合もあります。(画像の1つ前の席が窓なし)



                    最近、鉄道乗ってなかったんでJR西日本が誇る遺産「500系こだま」でのんびり広島へ。



                    あーもうね久々に飲み鉄しちゃったよ。
                      
                    0
                      | 水無瀬ナルウ | プチ旅行 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      このページの先頭へ